「自由」の意味とは?

「自由」の意味とは?

「自由」の意味とは?

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 

「自由」という言葉を聞いてあなたはどう感じますか?

どのように解釈し、どのように定義しますか?

 

そもそも「自由」という言葉がどのように作られたのか?
言葉の由来をご存知でしょうか?

 
この意味を知ると本当の自由が理解できると思います。^^

良い人生を送っていくためにも必要な知識だなと感じます。

 

今日は、その言葉の由来について書いていきますね。^^

 

自由とは、
 
明治時代に福沢諭吉が『西洋事情』という書物の中で
英単語「liberty」「自由」と和訳して使ったのがきっかけだそうです。

 
そして、
 
「自由」の本質は

「自らに由る(よる)」と意味されています。

 
・自らとは、自分のこと
・由る(よる)とは、それを原因とするということ

 
つまり、
 
「自由(自らに由る)」とは、「自分に原因がある」ということ。

 
自分の選択、決断はどのようなものであれ自分がしているのだから
自分に原因があるという考え方が根底にあります。

 
他のものではなく自らを拠り所として生きていくということです。
 
自分で考え、自分で選び、自分の意思で行動する(自由意思)ということですね。

 

そして、その逆が
 
みんながそうだから私もそうする
常識と言われているからそうする
人の目が気になるから我慢をする

 
これを「他由」と言います。

 
そのような have to が習慣化されると、
当たり前のように自由がなくなります。

 
しかし、
 
この「他由」の人生は窮屈なように見えて実は楽な面もあり、
だからこそ無意識にやめられないという側面もあるのです。

 
みんなと一緒であれば、自分で考えなくてもいい
常識に当てはめていれば特に批判されずに済む
人の目に合わせていれば嫌われなくていられる
都合が悪くなれば外側に原因があると主張できる

 
ある意味、楽を選べるのです。

 
これは、安定に見えて、実は非常に不安定。

自分軸(want to)で生きていないので、どんどん自信が持てなくなります。

 

自分に原因があるとして受け入れる「自由(want to)」な生き方は、
ちょっと勇気がいるかもしれません。

 
でも、勇気を出した自分をちょっと想像してみてください。

(最初は、想像からでOKです。^^)

 
私が、好き、やりたいと感じるからからやる
私が、嫌だ、やりたくないと感じるからやらない
私は、他人の目は気にせず、自分の目線で動く

 
どうでしょう?
ワクワクしませんか?

 

今、「風の時代」がやってきた!
と言われます。

 
風の時代とは、まさに「自らに由る」という生き方。

大きくそういう時代になってきているのです。^^

 

自分らしく「自由」に生きていきたい!
自分を変えたい!
という想いを強く持っている人ほど

 
きっと今まで一生懸命に頑張って、我慢して、努力して、
「他由」の人生を生きてきたのかもしれません。

 
自由を求めながら、自ら不自由を選んでいる。
 
性格が優しい人ほど、その傾向が強いなとも感じます。

 
でも、大丈夫。^^

 
そういう人ほど、ここに「気づくこと」ができ、行動を変えていくことができると
誰よりも思いやりのある最高に輝いた「自らに由る生き方」ができる!
って、思います。

 

もっともっと、本当の意味で自由に生きていい!

って、思います。

 
好きなようにゴールの世界を描いていきましょう。^^

 
「自らに由る生き方」って、自分自身に責任は伴うけれど、
でもだからこそとっても気持ちいいって思います。

 
というか、そうでなければ
他者の人生、世間様の人生を背負って生きていくことになります。
 
そんなのつまらないなって思いませんか?

 
だからこそ、みんなと一緒に私はコーチングを学んでいきたい!っていつも思うのです。^^

そして、

ニューロフィードバック技術による最先端テクノロジー
ブレインスパ®がとってもオススメです。^^

 

 

 

コーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

自己と向き合うカテゴリの最新記事