あなたは、なぜ「福神漬け」なの?

あなたは、なぜ「福神漬け」なの?

あなたは、なぜ「福神漬け」なの?

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 

今回のタイトル、ちょっと変ですが・・・
ご興味があれば読んでみられてください。^^;

 
今回は、コーチングでもブレインスパ®でもなく(汗)
私の「日記」です。^^;

 
 
昨日、カレーを作って食べました。

 
食べながら

ふと思ったこと・・・

 

横に添えている「福神漬けくん」を見て

 

おーー!(゚ロ゚)ノ

 
「福神」
なんてすごい名前の漬物なんだ!
 
今まで気にしてなかった!

 

おもわず
 
「あなたは、なぜ福神漬けなの?」

と、言っている自分がいた。^^;

 

もちろん、福神漬けくんに直接聞いても答えてはもらえないので

調べてみました。^^

 

農林水産省によると

 
「大根、ナス、瓜、胡瓜、ショウガ、ナタマメ、蓮根、
紫蘇、筍、椎茸、唐辛子、紫蘇の実、ゴマ」のいずれかから、
5種類以上を主原料として醤油漬けしたものが福神漬けであると定義されているそうです。

 

名前の由来は、
 
明治時代にさかのぼります。

 
当時、上野にあった漬物店で「福神漬け」と名付けた新しい漬物が販売されたそうです。

 
その漬物の原料に7種類の野菜を使っていること、
また店近隣の不忍池で弁財天がまつられていたことから
 
当時流行作家であった梅亭金鵞(ばいていきんが)
「七福神」にちなんで「福神漬け」と命名したということです。

 

ほーー!(*゚O゚)ノ
なるほどーー!

 
7種類の野菜 =「七福神」
店近隣に =七福神の一人である「弁財天」がまつられていた。
 
ここから名付けたお漬物屋さんの新商品だったのね。^^

 

あーー
知って、スッキリした!^^

 

ちなみに、「弁財天」という神は

貧困を救い財物を与える天女だそうです。

 
 
あら、天女なのね!!!

福神漬けくん!ではなくて、福神漬けさんだわ(笑)

 
福神漬けさんを食べながら、ありがたいなーと思いました。^^

幸せな気分になりました。

 

そして、
 
明治時代に福神漬けを誕生させたそのお漬物屋さんは、

現在も東京上野で「酒悦」という名で三百四十余年にわたる伝統の味を
ずっと守り続けていらっしゃるそうです。

 

長年の伝統を今でも受け継いでいるってすごいですよね。

今度、東京に行った時、寄ってみたいなぁ~。^^

 
と、いう日記でした~。^^

私が思うことカテゴリの最新記事