やり過ぎてはいけないよ

やり過ぎてはいけないよ

やり過ぎてはいけないよ

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 

師匠からコーチングを厳しく教えていただいていた修業時代の2年半・・・
(今もまだまだセルフコーチングは修行中ですが)

 

師匠から、よく言われた言葉がありました。

 
それは、
 

「やり過ぎてはいけないよ」

という一言!

 

ゴールは、コンフォートゾーンの外側に、
制限も限界かけずに大きく設定すること!

 
しかし、
 
今、目の前の行動は「小さく丁寧に確実に進む」
 
やり過ぎてはいけないのです。^^

 
当時、ホメオスタシスの理解だけはしていましたが、

その他の意味はあまりよくわかっていないまま、
わかっているつもりで動いていた気がします。

 
そのうち、だんだんと

「小さく丁寧に確実に進む」ということが
わかる感覚になってきて

 
今は、その意味を腑に落として理解できるようになりました。
(師匠は厳しかった!(笑))

 

人は、調子が良い時は、ついつい「まだ行ける!」と思い
突っ走り過ぎてしまいがちです。

 
しかし、

それも大抵は長くは続きません。

だんだんとエネルギーを消耗し
結局は疲弊してスピードダウンしてしまいやすいのです。

 

また、逆に上手くいっていない時は焦りの気持ちから

無理やり根性で「頑張らなくては!」と力んで疲弊し、
思うように進んでいけないパターンもよくあることです。

 

小説家の村上 春樹さん
 
ジョジョの奇妙な冒険」の原作者
漫画家の荒木 飛呂彦さんは、

 
納得のいく良い作品を作るために心掛けていることは
まさに「やり過ぎないこと」だと言われています。

 
365日、毎日コツコツと無理のない同じペースで丁寧に進み続ける!
を実践されていらっしゃる方です。

 
キッチリとしたスケジュール、同じペースなどは無理にしても
心構えとしては、とても参考になるなと感じます。

 

私自身、この感覚・・・
「小さく丁寧に進む!やり過ぎない!でも止まらない!でもゴールは大きく!」を
もっともっと体感で掴み切り、精度を上げたいなと感じます。

 
今年になって「タイマー訓練」の経験を通して
理解が今までよりも深まった気はしています。

 

タイマー訓練をしていると「今、ここ」にしか意識を置けないので
嫌でも丁寧にやることになりやすい気がします。

 
まさに、「フロー概念」とも繋がっていますね。^^

 

「やり過ぎてはいけないよ」

 
みなさんも、心身を疲弊させずに自分のビジョンに従がって
コツコツと着実に前進していけるように、ベストなペースを掴んでくださいね。^^

 

 

 

コーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

コーチング全般カテゴリの最新記事