読書「生き心地の良い町・この自殺率の低さには理由(わけ)がある 」

読書「生き心地の良い町・この自殺率の低さには理由(わけ)がある 」

読書「生き心地の良い町・この自殺率の低さには理由(わけ)がある 」

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 

今日は、最近読んだ本について書いてみたいと思います。
 
とても興味深い内容だったので、みなさんにお伝えしたいなと思いました。

 

生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある/ 岡 檀著
 

 
どんな環境にいる人たちが
「生きやすい」と感じているのか?
 
きちんと裏付けのあるリアルな答えを知りたくて読んでみました。

 

毎年、2万人以上の人が自殺により亡くなっていく日本・・・
世界的にも自殺率の高い国となっています。

 
そんな中、自殺に関する地域研究は数多くなされてきましたが、
今までの研究は、ほとんどが「自殺多発地域による自殺危機因子」に関するものでした。

 
そこで、著者の岡 檀さんは、これまでの逆の発想で
「自殺希少地域による自殺予防因子」の研究に取り組まれます。

 
つまり、

日本で最も自殺の少ない地域についての調査、研究を実施されました。

 

調査結果によると
 
全国でも極めて自殺率の低い地域は
徳島県の南端の太平洋に臨む人口3千人前後の小さな町「旧海部町(かいふちょう)」でした。

 
岡さんは、海部町に足を運び、調査を開始された時
 
「この町は、何かが他と違う!」
「この自殺率の低さには必ず理由がある!」
 
と、肌で感じたそうです。

 

緻密な調査、アンケート、インタビュー、データなどによって得た結論として
「5つの自殺予防因子」があると考えられることがわかりました。

 
その5つとは!

「いろんな人がいてもよい」「いろんな人がいたほうがよい」という価値観!

他人と足並みをそろえることに重きを置かず、
色んな人がいたほうが良いと考える。
 
個人の意思が最大限、尊重されている。

 

「人物本位主義」を貫く!

地域のリーダーを選ぶ際の条件は、問題解決能力のある人であり学歴を重視しない。
 
年長者だからといって威張らない
年長者が年少者に服従を強いることがない。
 
年少者の意見であっても妥当と判断されれば、即採用される。
 
 

「どうせ自分なんて」と考えない!

アンケートの質問
「自分のような者に政府を動かす力はないと思いますか?」に対して

「そのような力はない」と感じている人の比率が海部町では低く、自殺多発地域では多い。

海部町では「自己信頼感」「有能感」・・・つまり「自己効力感」を持っている人が多い。

 

「病」は市に出せ!

「病」は市に出せ!とは、トラブルや事業不振も含め、他人への迷惑を気にせず、
やせ我慢はやめ、早めに弱音を吐け!と勧める言葉です。
 
うつ受診率が高い(早期の受診にあまり抵抗がない)

 
悩みを抱えた時、誰かに相談したり助けを求めたりすることに抵抗がない。
自殺多発地域では、その逆である。

 
海部町では、弱みを見せることにあまり抵抗がない。

 
ゆるやかに繋がる

 
ゆるやかな絆が維持されている。

近所づきあいについての質問
「日常的に生活面で協力し合っている」と答えた人の比率が
海部町では16.5%と低く、自殺多発地域では44.0%と高い。
海部町が大きく下回っている。

 
海部町では「立ち話程度」と「あいさつ程度」の付き合いに集中している。
隣人間の付き合いはあるが、干渉はせず、あっさりとした付き合いを行っている。

 
人間関係が固定していない。人への関心度は高い。
(人に関心を持つのと、監視しているのとは違う)

 

「いろんな人がいてもよい、いろんな人がいたほうがよい」
という考えが態度で示されていることにより、
その者は、周囲から「ありのままの自分を受容されている」という感覚を持つことができる。

 
(以上)

 

必要以上に過度にポジティブでもなく、過度にネガティブでもない・・・
この態度が「不幸」も「不満」も感じづらく冷静でいられるのだなと感じました。

 
幸福を築いていくヒントがたくさん詰まっているなと感じます。^^
 
この学びを、しっかりと活かしていきたいなと思いました。

 

もっともっと詳しく知りたい!という方は
是非、本を読んでみられてくださいね。^^

 

 

 

コーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

[logcad url=”https://popo-art-mind.info/?page_id=45″]

読書・オススメ書籍カテゴリの最新記事