心に残った言葉「人間そのままを愛せるかどうか」

心に残った言葉「人間そのままを愛せるかどうか」

心に残った言葉「人間そのままを愛せるかどうか」

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 

行きつけの美容院で、

担当の美容師さんと「読書」の話題になりました。^^

 

「今までに読んだ本の中で、何度も読み返してしまう、お気に入りの本は?」
 
という質問に、お互いが答える!という楽しい展開になりました。^^

 

美容師さんのイチオシは!
 
「田中 角栄さんの本」だそうです。^^

 
どの本もすごく良くて、言葉1つ1つがものすごく心に響くんですよ!
今まで、田中角栄さんの言葉に何度も励まされてきました。

 
と、おっしゃっていました。

 

ほーーーー!
興味津々!!

 
他者の目線を知る!って大事だなと思う瞬間でした。

 

そこで!
 
田中角栄さんの本は、私は読んでいないのですが
とっても興味が湧いたので
 
検索して「田中 角栄さんの名言」を調べてみました。

 

なるほどー!
確かに心に残る言葉がたくさんだ!
 
と、思いました。

 

今日は、その中で1つ!
 
私が、一番いいなと思う心に残った言葉をご紹介したいと思います。

 

田中 角栄さんの名言です。^^

 
人間は、やっぱり出来損ないだ!
みんな失敗もする。
 
その出来損ないの人間そのままを愛せるかどうかなんだ。

 
政治家を志す人間は、人を愛さなきゃダメだ。

 
頭のいい奴はみんな「あるべき姿」を愛そうとするから
現実の人間を軽蔑してしまう。
 
それが大衆軽視につながる。
それではダメなんだ。
 

そこの八百屋のおっちゃん、おばちゃん、その人たちを
そのままで愛さなきゃならない。
 
そこにしか政治はないんだ。
政治の原点は、そこにあるんだ。

 

いい言葉だなって思いました。^^

 
条件付きの愛情ではなく、すべてをひっくるめて相手を尊重できる!

そんな大きい器の自分でありたいなと思いました。

 
そのためには、
まずは、自分自身に対してそれができることが基本だなと感じます。

 
出来損ないの自分も、可愛いな~と思えること。
それが大事ですね。^^

 
そして、
ゴールに対しての考え方も一緒です。

 
ゴールを「あるべき姿」と捉えて、現実と比べ、落ち込んだり軽蔑するのではなく
ゴールとは「目指していく姿」です。^^

 
現状のままの自分を愛しつつ、もっと愛情を高めていくために向かうものですね。
また、ゴール側の自分も完璧でなくてよいのです。^^

 
長所も短所もひっくるめてゴールの姿ですね。
人間力が必要なのだと思います。

 

自分も相手も無条件で尊重できる!
その状態って、すごく幸せな世界ですよね。^^。

 

 

 

コーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

[logcad url=”https://popo-art-mind.info/?page_id=45″]

心に残った言葉カテゴリの最新記事