復習しよう!「成長曲線!結果は継続にあり!」

復習しよう!「成長曲線!結果は継続にあり!」

復習しよう!「成長曲線!結果は継続にあり!」

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 
今日は、よくある質問を通して
コーチング理論の復習をしていきたいと思います。^^

 

コーチングでは、
ゴールはコンフォートゾーンの外側に設定すること!

 
そして、

「今、ここ」の行動は小さくスタートし小さく進むこと!
というのが基本です。

 
そこで、多くの人が最初に疑問に思うこと・・・

 
ゴールは壮大で遠くにあるのに、行動が小さかったら
いつまで経っても達成しないではないか?

 
いい質問ですよね。^^
最初、私もそう思っていました。(笑)

 
 
まず、なぜ小さく進むことが大事なのか?
というと・・・

1つは、
ホメオスタシスの抵抗を防ぐためです。

 
ホメオスタシスとは、
内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする働きのことです。
慣れ親しんだ領域(コンフォートゾーン)を維持しようとします。

 

私たちは、ゴールが大きいからこそ、大きく行動しなくては!と、
ついつい一気にそこへ移動しようとしがちです。

 
しかし、

そうすればそうするほど
無意識がいつものコンフォートゾーンに戻そうと働きます(引き戻し)
これがホメオスタシスの作用です。

 
大きく動いて、大きく引き戻され、これを繰り返し・・・
落ち込んでしまう。

結局、やってもダメだ!と諦めてしまいます。

 
だからこそ、戦略が必要なのです。

 
ホメオスタシスに気づかれないくらいに
小さな変化を起こしながら
少しずつゴール側のコンフォートゾーンにずらしていくのです。

 
小さくても、確実に進んでいくことです。
ホメオスタシスさえも味方につけるのです。

 
結局、これが遠回りに見えて、実は近道なのです。(*^-^*)

 

そして、もう1つ!

 
「成功曲線」を理解する必要があります。

 
人は、どのような時間のプロセスを経て成功の結果を出していくのかを知ると
「小さくコツコツ変化し続けていくこと」の必要性が理解できると思います。

 
まず、ゴールを設定しても、
「途中で諦める人」と、「結果が出るまで継続する人」
とに分かれます。

 
そして、多くの人が前者になってしまいます。

 

まだスタートして、数か月しか経っていないのに、すぐに結果が出ないと、
叶うわけないとか、きっとダメだとか、無理な方向に考え始め
「こんなことしてても意味がない!」と、自ら諦めてしまいます。

 
そして、簡単に元の自分に戻り、やはり現状維持となります。

また、自分から諦めておきながら
あれは結果が出なかった!と、早々に結論づけてしまいます。

 
コーチングも、このような理由から
続く人と、続かない人に分かれます。

 
これは、先ほども言いましたが
「成長曲線」を理解していないからです。

 
私たちは、行動(努力)した時間と、得られる結果が
比例するかのように、ついついイメージしてしまいます。

 
そして、

一本線で右肩上がりに結果が出るような期待をしてしまいます。

しかし、それこそが誤りなのです。

 
ある一定の行動を起こしても、時間と比例して結果が付いてくるわけではないのです。

 
 

こちらの図解をご覧ください。

 

成功曲線_R

 
青の直線(右肩上がり)
一般的に想像してしまう成功イメージです。

 
赤線(曲線)が現実の成功線です。

 
このように、多くの人が思っている結果が出るまでの感覚と、
実際に結果が出るまでには大きなギャップが生じているのです。

 
スタートして、しばらくは、ほぼ結果が出ません。
この期間を大抵の人が長く感じます。

 
結果が出始めても、ジワジワと小さな結果が続きます。
またこの時期も長く感じます。

 
そして8~9割の人は、ここで、やっている意味を感じられず
自ら辞めてしまいます。

 
しかし、

本当は、ここからが大事なのです。

 
ジワジワとグラフの曲線が上がりはじめ、
更に続けていると、あるラインを越したときに、
曲線が一気に急上昇する瞬間を迎えます。

 
一気にスパークします。

 
これが『成功曲線』です。

 
ほとんどの人が、諦めが早すぎるのです。
どっしりと構えて、少なくとも2年、3年は継続してみることだと思います。

 

大きなことをする必要はないのです。
小さなことを丁寧に丁寧に、止まらずにやり続けることです。

 
外側のゴールを達成するには、内側の小さなことからスタートし、
外側に出ていけるほどの「継続」をすることです。

 
スパークする瞬間まで、やり続けることです。

 
そして、ゴールへの確信と、

目の前の行動に対しての結果の期待値を下げること。
下げるというよりも、ゼロでちょうどよいくらいです。

 
期待値が高いほど、ギャップも大きく感じ
挫折する確率が高くなります。

 
成功曲線を理解していると
期待値のマネージメントも上手くできるようになります。

 
時間がかかることは、当たり前であり
期待値を上げてもしょうがない!ということがわかるからです。

 
目には見えなくとも、確実にゴールへ向かっているという確信も深まります。

 

ただ、1つ注意も必要です。

 
無意味なことをいくら継続しても結果は出ません。

 
ゴールに繋がらないことを長時間行っても、
それは単なる時間の浪費であり、成功には繋がりません。

 
小さな、何をするのか?が重要です。

 
この小さなことを淡々と行っていけば、
必ず大きな力になり、ゴールへの結果が出せる!
というものを探しましょう。

 

みつけるには、やはりゴール設定です。

毎日、続けられる小さなことを実践しましょう。

 
コーチングのワークとしては

 
・毎日ゴール設定(更新)をする。ゴールノートに書く
・毎日、フィードバックを丁寧に取る
・毎日、アファメーションを実践する

など・・・

 
その他、カウントできるもの、
確認しながら進められることなどもオススメです。

 
誰でもできるけれど、毎日やり続けたら
誰にも真似のできない力になっていくよね。(*^-゚)v

 

・・・というものがいいですね。

「いったい、いつゴールに届くんだ!」と、焦りが見えた時には
「成功曲線」のことを、思い出してみてくださいね。(*^-^*)

 

 

 

コーチング・ブレインスパⓇ詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

ハンドメイドの作品(フェイスブック)

コラージュセラピーの作品(Instagram)

 

 

 

復習しようカテゴリの最新記事