言葉の捉え方を変える

言葉の捉え方を変える

言葉の捉え方を変える

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 

今日は、昨日の内容の続き・・・
「努力」についてです。^^

 
今回は私の個人的意見が大きく含まれます。
だから、これが正しい!ということではなく
1つの意見として読んでみてくださいね。^^

 
 
言葉とは非常に奥が深いなと感じます。

同じ言葉でも受け取る側によって意味も大きく違ってくる。

 

コーチングでは、努力や根性はいらない!とよく言われます。

 
ただ、これはとても誤解されやすい言葉だなと
今まで何度も思ってきました。

 

他者から見ると努力や根性に見えるだけで
本人にとっては、それはやりたいことであり、
努力や根性という感覚ではなく、want toでありwant toが大事なのだ

という意味ですが、

 
しかし、やはり、これって非常にわかりづらい^^;
って、思います。

 
努力や根性という言葉は、一般的にとてもよく使われる言葉ですし
特に私と同じ年代の人達は子どもの頃から努力や根性は大事だと言われ育ってきたと思います。

 
コーチングの理論を学んでいく中で「努力や根性はいらない!」って聞くと
素直で真面目な人ほど、自分が少しでも一生懸命に努力したり根性でやっている感覚がすると
これではいけない!自分はダメだと思ったりします。

 
実は私も過去に、ここにハマったことのある一人でした。(汗)

 

皆さんは、けしてそんなふうに思わないでくださいね。^^

 
理論どおりに・・・というのも大事ですが
ここは、その言葉の意味をどう定義するか?
ということが重要なのですからね。^^

 
そして、私はどうしたか?っていうと
一般的に言われる定義や理論に振り回され過ぎずに自分自身の定義をハッキリと持とう!
と思いました。^^

 

コーチングや自己啓発では、なぜ努力をよくないことのように言われるのか?
というと・・・

 
努力の「努」は「奴隷のド」から作られた言葉であるから・・・です。

 
例えば、遊びに夢中になっている時、それは「努力して遊んでいる」とは言いませんよね。
want toでゴールに向かっている時というのは努力ではなく「夢中になっている」のであり
それが大事だ!

という意味です。

 

そうだよなと私も納得です。

 
ただ、外側のゴールへ向けての行動は
今までに自分がしたことのないことに挑戦する!
ということも多いです。

 
未経験のことを最初から遊びのように・・・って楽しめるほど感情がついてこない!
というのも私は当たり前だと思うのです。

 
先日もクライアントさんが
根性でやっている!楽しめていない!
とエフィカシーを下げられていました。

 
私もそのように感じていた時期があるので
わかるよなーと思いました。

 
私の場合は、先ほども言いましたが
ここにハマった時、自分自身の定義をハッキリと持とう!と決めました。

 
コーチとして

コーチングの理論はこうですよ!

と、ただ言うのは誰でもできるし簡単です。

 
でも、私はそのような自分にシックリ来ませんでした。

 
どうにかきちんと納得したい!

 

まず「努力」という言葉を違う視点から見れないだろうか?
と調べてみました。

 
努力の「努」は「つとめる」と読みます。^^

 
「努める」を辞書で引くとこう書かれてあります。

 
・力を尽くして行うこと
・問題解決に向かって行う行動

 
つまり

力を尽くし、問題解決に向かう力
ということになります。

 
すごくいいですよね。^^

これだと努力のイメージが良いイメージに変わりますよね。^^

 
由来は「奴隷」という意味から来ているかもしれませんが
それはずーーっと昔の話であり言葉の持つ意味合いは時代とともに変わっていくのが自然だとも思うのです。

 
そのように考えたら、由来の意味にこだわらずに
「努力とは、ゴールに向かって力を尽くし自分らしく励むこと」
という定義に自分が変えて前向きに考えたほうがいい!

 
と私は思いました。

 
そして、それだったら奴隷を意味する「努」の漢字を使わずに
「ど力」って使えばいいじゃん!とも思いました。(笑)

 
「どぢから」とも読める!(笑、笑)
すごいパワーがありそうだ!

 
おー!ユーモアがあっていいじゃん!!^^

 
と自分の中で勝手に納得がいきました。^^

勝手な解釈かもしれませんが、
これが私独自の定義です。

 
だから、POPOでは「努力」を「ど力」と書くことにしよう!(笑)

 

そして、次は「根性」

 
根性とは、辞書ではこう定義されてあります。

 
「その人の性質全般をつらぬく、根本的な(強い)性質。」

めっちゃかっこいいですよね。^^

 
こうやって考えたら
根性=want toの世界!ですよね。

 

言葉をどのように捉えるか?で私たちの意識は大きく変わります。

 
本当の意味での正しいマインドの使い方とは
自分が納得し、ゴールに機能するように前向きに考えられる使い方ができるかどうか?

ではないでしょうか?

 
コーチングでは
「アプリオリ(絶対)はない」と捉えます。

 
また、

「プラズマティズム=その人にとって機能するのであればそれを使えばいい」
機能性!を重視していきます。

 
だからこそ、私は
「ど力(努力)」「根性」も機能するように使いこなせばいい!」
と思っています。

 

クライアントさんの
「努力や根性でやってしまう!」
「努力や根性が抜けない」

 
私は、いい!と思います。

 
まずは、「自分は仕事も家事も、子育てもあって忙しい中、よくやってるよなー」
って、よくやってる!っていうことをおもいっきり肯定していってくださいね。

 
本当によくやってるなーって思います。^^

 
そのうえで、

ただやみくもに頑張っても疲弊感が強く前進しない場合もありますので
そこは、戦略の仕方(やり方)です。

 
それは別の問題です。^^

 
ここを上手になっていくように工夫、修正、改善、試行錯誤していくことですね。

 
この辺りに関してはまた改めて書いてみたいと思います。

 

今日は、何が言いたかったのか?というと・・・

 
理論は大事です。
でも、その理論に振り回されて、理論にこだわり過ぎて
本来の目的を失ったり、エフィカシーを下げてしまったら本末転倒です。

 
大事なことを疎かにしてしまわないように、「自分の定義」をハッキリとさせ
自分らしくアートな生き方をしていきましょう!

 

そして最後に・・・

 

真のwanto toとは

 
楽しい、嬉しい、好き、の世界がベースでありなからも

 

足りないものを一生懸命に乗り越えて手に入れる強さだったり、
たとえしんどくても絶対に成し遂げたいという強い情熱を持って
壁を乗り越えるからこその感動であったり、

難しくても叶えたくて叶えたくて仕方がないというゴールに恋する状態!

 

です。^^

 

自分の人生は自分の手で作っていきましょう。^^

自分の足で立って、自分の頭で考えて、もっともっと柔軟に進んでいきましょうね。^^

 
と言いたかった!^^

 

ではではね~~
今日も一日、自分らしい「ど力」をしていきましょっ。^^

 

 

 

コーチング・ブレインスパⓇ詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

ハンドメイドの作品(フェイスブック)

コラージュセラピーの作品(Instagram)

私が思うことカテゴリの最新記事