誤解されやすいコーチングの「努力はいらない」

誤解されやすいコーチングの「努力はいらない」

誤解されやすいコーチングの「努力はいらない」

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 

クライアントさんとのメールセッションです。

緑字がクライアントさんのお言葉で、その他が私からのお返事です。

 

△△と、□□、(SNSでの発信)
まだ努力と感情で続けている感が強いです。

 
楽しみながら軽く、発信できる人が

開放感あるように感じます。

 

〇○さんの「楽しみながら軽く」とはどういう感じですか?

 

コーチングでは「努力はいらない」と言われますが、

その意味、定義を深く理解できるといいかなと思います。

 

例えば、イチローがこんなことを言っています。
(ここでは、努力という言葉が使われていますが、
イチローからすると努力というよりは、やりたかったことなのだと思います)

 

「努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。

努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。

人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。」

 

〇○さんの
△△と、□□、(SNSでの発信)
まだ努力と感情で続けている感が強いです。

 

これはいけないですか?
大変かもしれませんが、やりたいからやってるんですよね?
できるようになりたいからやってるんですよね?

 

この大変だけどやる!という行動ってすごいと思いませんか?

 

「楽しみながら軽く」というのは、負荷がないと言えますよね。

 

筋肉をつけたい時に負荷がない運動って、しっかりとした筋肉ってつかないですよね。
現状維持の状態にしかなりません。

 

綺麗なしっかりとした筋肉がつく時って必ず筋肉痛になります。
負荷のかかる運動有きです。力をつけるには多少の痛みが伴うのです。

 

それと一緒ですね。^^

 

〇○さんは実力をつけたくないですか?
筋肉痛!ウェルカム!です。
△△と、□□、努力と感情で続けている感!ウェルカム!
って思えるといいですね。^^
 
そう思えると力がつくんですよ。これこそが陽転思考です!

 
そして大変なことでも、負荷があってもやり続けていくと、
だんだんとそれそのものが楽にできるようになっていきます。

 

そして、またゴール更新するのでまた新たな負荷がかかります。(笑)

 

楽を求めるのではなく、成長すること!実力をつける負荷を楽しむことだと思います。
これがコーチングですね。

 

大変でもそれでもやりたい!
できるようになりたい!と行動できる人がゴール達成できますし、それが真のwant toですね。^^

 

真のwanto toとは

 

足りないものを一生懸命に乗り越えて手に入れる強さだったり、
たとえしんどくても絶対に成し遂げたいという強い情熱を持って
壁を乗り越えるからこその感動であったり、

難しくても叶えたくて叶えたくて仕方がないというゴールに恋する状態!
ですね。

 
 

でもまだ△△が楽しいとかは思えず、
仕事のために、努力してなんとか2日か3日にいっぺんしているというのは抜けないです。

 

いいじゃないですか!

って私は思います。

 

「仕事のために、努力してなんとか2日か3日にいっぺんしている」

 

これのどこがダメですか?

 

〇○さんは仕事が嫌いですか?
今の仕事、好きじゃないですか?
好きだからやっているのではないですか?

今の仕事が好きだとおっしゃっていましたよね。^^

 

好きな仕事のために努力してなんとか2日か3日にいっぺんしている!のなら
それはwant toですよね。^^

 

好きなことのためにする大変さはすべてwant toのはずなんですよ!

 

そうでないならば、今のお仕事自体を見直したほうがよい!ということになりますよ。

 

それって違うなって思いませんか?

 

もっともっと、今のままの自分を認め肯定していいですよ。^^

今までにたくさんのことを成し遂げて来られた〇○さんですから・・・

 
エフィカシーを上げていきましょう!

 

 

 

コーチング・ブレインスパⓇ詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

ハンドメイドの作品(フェイスブック)

コラージュセラピーの作品(Instagram)

メールセッションカテゴリの最新記事