考え方を変えただけでは変わらない

考え方を変えただけでは変わらない

考え方を変えただけでは変わらない

 

 

こんにちは。POPOです。^^

 
20代前半、独身の頃・・・
私は美容関係の営業の仕事を約2年間していました。

 
人見知りがあり小心者で自信のない私が営業の仕事をするのは
とてもとてもハードルが高く毎日が緊張の連続でした。

 
今考えても、あの頃の自分が営業職を2年間も続けられたということがスゴイ!
って思います(笑)
 
(え!たったの2年?って思う人もいるかもしれませんが
あの頃の私にとっては地球がひっくり返るくらいのビッグニュースです!(笑))

 
成績が上がらず、昇進もなかなかできず辛くて泣くこともいっぱいありましたが
とても濃厚な学びをさせていただいた2年間だったなと感謝しています。^^

 
辛いことも多かったけれどそれ以上に学びが多かったんです。
だから続いたのかなと思います。

 
と言いながら父の死を言い訳にして自分の中で勝手に挫折していき
退職したのもまぎれもなく自分自身です。

 
あの頃の私は本当に小心であり傷心だった。(*´;ェ;`*)

 
 
さて、今日は結局、何が言いたいのか?というと

 
簡単に説明すると・・・

 
その頃に会社で教えてもらった「ものの捉え方について」を書きたいなと思いまして・・・
また、それから20年以上経ってコーチングで同じ話が出てきて更に学びが深まった!という話です。

 
前置きが長くてごめんなさい。

では、本題です。^^

 

きっとこの話は知ってる!という人も多いのではないかと思います。
そのくらいちょっと有名な話!

 
経営学者のピーター・ドラッカーの言葉の影響から広まった「コップの水理論」の話です。

 
「コップに入った半分の水」をどう捉えるか?

「もう半分しかない」と思うか?
「まだ半分もある」と思うか?

 
ポジティブな目線で捉えることでその先の結果が違ってくる!
と、私は当時教えてもらいました。

 
知った時は本当に素直に「なるほどー!そっかー」と思っていた私ですが

実際にはネガティブ思考が強い私は、
頭では分かっていても実際に心からそう思って実践できる思考にはなかなかなれませんでした。

 
成績が悪くて上司や先輩から指摘されれば簡単に落ち込むし(笑)
ちょっとでも不機嫌そうな人を見ると「私、何か悪いことしたかな?」と
自分のせいだと感じやすいし(汗)

 
そんな私は

上手くいかない現状でも「まだ半分もある」と思えるほど心が広くはありませんでした。
切り替えることができないのです。

 
いつもそんな自分をダメだとジャッジしていましたし
「まだ半分もある」と思える思考の人をすごいな、自分とは違う人間なんだ!
と思っていました。

 

どちらの考え方も必要!そして考え方よりも行動!

 

 

そして、この考え方をずっと持ったまま私は40代になりました。

 
あれから20年以上が経ちコーチングを学ぶようになって
実は「コップの水理論」の捉え方が大きく変わったのです。

 

まず、「まだ半分もある」と無理やり思っても「思えないものは思えない!」(笑)
無理をしたポジティブシンキングでは、ますます落ち込むということを実感しました。

 
でもそんな私でも、時に「まだ半分もある」と思える時もあるのです。

 
つまり、

 
「自分の状態によって捉え方は変化する」
ということです。

 
喉がすごく渇いている時に「まだ半分もある」と思いなさい!と言われても
きっと誰もが思えないのではないでしょうか?

 
でも、喉がしっかりと潤っている時は簡単にそう思える!

と思うのです。

 
コップの水が半分という事実に対して
「まだ半分もある」という捉え方がポジティブで良い!正しい!ということではなく

 
「自分の状態が大事」だということです。

 
また、更に言えば、
「今、自分がどんな状態であるかを把握すること」がなによりも重要なのです。

 

そして、

「考え方を変えただけでは変わらない」

というのが事実です。

 
「もう半分しかない」と思おうが
「まだ半分もある」と思おうが

コップの水が半分!という事実は変わらないですよね。^^;

 
何が大事か?っていうと

「もう半分しかない」と感じる時はきっと自分自身が枯渇している状態です。
水を欲しがっている状態!

 
だから

「水をそそぐ行動」がいるのです。

そうしなくては脱水症状を起こします。
 

逆に「まだ半分もある」と感じれる時はきっと自分自身が潤っている時!

 
そんな時は、もっともっと潤って枯渇している人の力になってあげるために

「水をそそぐ行動」をしていくことが大事なのだと思います。

 
どちらの場合でもコップに水があふれるくらいに
水をそそぐ行動を起こすこと!^^

 
これが大事だ!ということを
コーチングを通して学ばせていただきました。

 
結論から言うと

どっちの考え方も必要だということです。^^
だから、「もう半分しかない」と捉えた人もけして落ち込まないでくださいね。^^

 
「まだ半分もある」と
無理やりにポジティブに考えるのではなく、今自分はどんな状態でどんな行動が必要かな?
と考えることが大事です。^^

 

そして、水をそそぐ行動とは
自分のwant toに従ったゴールに向かう行動のことだと思います。

人は基本的に、want toでなければ気持ちよく動けないからです。^^

 

あなたのwant toは何ですか?
どんな方法で自分のコップに水を注ぎたいですか?

 
ゴールを設定し
あふれるwant toで1つ1つ行動を起こし
あふれる情熱であふれるほどの水を注ぎましょう。^^

 

 

『おまけだよ!^^』

 
私の夏の和セラーツ作品!
「サマーぶたちゃん」

 

 
夏だ、夏だぁーー!ブヒヒ!

 

 
ではではね。^^

 

 

 

コーチング・ブレインスパⓇ詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

ハンドメイドの作品(フェイスブック)

コラージュセラピーの作品(Instagram)

 

 

 

 

 

 

私の体験カテゴリの最新記事