現状から考えるToDoリストの弊害

現状から考えるToDoリストの弊害

現状から考えるToDoリストの弊害

 

 

現状から考えて、「やるべきこと」を書き込むToDoリスト

 
これをすごく機能させ、上手くいっている人
・・・というのをあまり見たことがありません。

 
私も、コーチングを知る前は、
一生懸命、この現状から考えるToDoリストを
手帳に書き連ねていました。

 
そして、できたことにチェックする・・・

 
この方法で上手くいき、やり続けることができた!
というためしがありません。

 
そして、このやり方では今までの自分を
大きく超える結果は、なかなか出せないのです。

 
なぜか?というと、大きく2つ!

 
・今までの経験、現状から考えた計画であるということ
・「やりたいこと」よりも、「やるべきこと」が中心になるということ

でした。

 
まず、現状から考えた計画というのは、
コンフォートゾーン(慣れ親しんだ領域)の内側であるということです。

 
内側ということは、昨日までの自分と変わらない選択であり
現状維持です。

 
自分の理想の世界を描きたいのであれば、
現状から考えるのではなく、

 
未来から考えることです。
そして、必ずコンフォートゾーンの外側に設定します。

 
そして、未来のゴールから逆算して考えていくことです。
達成するために必要な、「今すること」が見えてきます。

 
逆に言えば、やらなくていいことも、ハッキリとわかります。

 
ゴールに関係ないことは、どんどん外していくことです。

 
未来にどうしたいのかが分からないままでいると
なにもかもが必要なことに見えてきて、
たくさんのリストが並びます。

 
「やるべきこと」だらけになり
そして、タスクが多すぎて、結局やりこなせなくなり
やり残したものが増えていきます。

 
また、できていることよりも、できなかったことのほうに
フォーカスしやすく、ストレスとなります。

 
そして、結局、現状は変わらない!ということがほとんどです。

 
未来のゴール側から考えて、
もっともっとシンプルに、ゴールに必要なことだけに
没頭しましょう。

 
人生の時間は、有限です。
無限に使えるわけではありません。

 
だからこそ、自分が望むことに時間をかけましょう。

 
とにかくやる!
になってしまうと、必要のないことまで
ツラツラとリストに上げ、やるべきことが次々と増えていきます。

 
タスクを、たくさんこなすだけで、やった気になる
という世界に陥ってしまいます。

 
そして、
「やるべきことが、やれていないリスト」に変わっていきます。

 
もっともっとシンプルに
ゴールに一途になりましょう。^^

 

 

 

アートマインドコーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

ハンドメイドの作品(フェイスブック)

コラージュセラピーの作品(Instagram)

コーチング全般カテゴリの最新記事