現状の外側にゴールを設定する理由

現状の外側にゴールを設定する理由

はじめに・・・お知らせです。

クライアントさんが増え、スケジュール調整が困難になってきたため
新規募集を今月末で閉め切ります。(定員残り1名様)

詳細はこちらです。

 

現状の外側にゴールを設定する理由

 

 

今日は、コンフォートゾーンとゴール設定についてです。

 

コンフォートゾーンとは、慣れ親しんだ領域のことです。

そして、コーチングでは

「現状のコンフォートゾーンの外側にゴールを設定しましょう!」
と言われます。

 

外側とは、

自分の慣れ親しんだ領域を飛び出した未知の世界だということです。

経験のない世界であるからこそ、ドキドキしたり不安になったりします。

理想の外側の世界と、現状にギャップが生じるからですね。^^

これを「認知的不協和」と言います。

 

だからこそ、自分を変革したかったら
不安になるのは当たり前だということです。^^

 

そして、もう1つ理解しておきたいのは、
そのゴールは本当に自分が望んでいるゴールなのか?

という視点です。

 

以下は、

(TPIE苫米地式コーチング用語解説)からの引用です。

 

私たちは、どんな人でも洗脳されています。

主に身近な大人や、テレビなどです。

洗脳と言うと若干、オーバーに聞こえますが、
価値観を刷り込まれているということです。

「私たちの無意識の選択の7割は親のコピーだ」と言われています。

ですから、自分で選択しているつもりになっていても
誰かの価値観を自分の価値観だと思っていることがほとんどなのです。

 

もし仮に、誰かの受け売りのゴールが達成されたとしたらどうでしょう?

社会的地位があって、順風満帆に見えるのに何か満たされない!
と感じている人は多いです。

この原因は、ゴールが自分のものではないことです。
(他人のゴールを叶えてしまったから満たされないのです)

自分の本当にやりたいゴールをみつけるためには
今の自分の価値観で判断していたのでは、なかなかみつかりません。

(スコトーマ(心理的盲点)だらけだということです)

ですから、現状の外側へゴールを設定して現状を飛び出してみる必要があるのです。

(引用終了)

 

ゴールに向かっても、向っても、ワクワクするというよりはしんどくて仕方がない・・・

1つ1つ達成しても、達成しても満たされない・・・

という人は一度、立ち止まってしっかりとこの辺りも踏まえ
自分のゴールと向き合ってみてください。

 

これは自分のゴール?
それとも、他者からそう思わされているゴール?

または、クリエイティブ・アヴォイダンス?

ちょっと感じ取ってみてくださいね。

 

私は、前回の記事にも書きましたが

「相談し合える友達が欲しい。友達はたくさんいたほうがいい」

と長年、思っていました。

それをゴール設定していた時期もあります。

 
しかし、自分とよくよく向き合って出てきた答えは
これは他者からの刷り込みであり、自分の思い込みである
ということに気づきました。

 
ここがわかると、何とも言えない清々しさを感じます。

 
本当に望んでいるのは

何でも相談し合える友人よりも

少なくていいから

大きな夢(ゴール)を持ち、自分の生き方に誇りを持っている自立した者通しで
楽しいこと、嬉しいことをそれぞれに語り合える関係性

でした。

 

自分の本当の本音のゴールが設定できると、
もはや不安はなくなります。

(なくなると言うよりは、スコトーマに隠れます)

 

そして、自分の want to で達成してしまうのです。

 

 

 

アートマインドコーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

コラージュセラピーの作品
Instagram

ゴール設定カテゴリの最新記事