困難にあった時こそ未来に目を向けて自分を変えるチャンスにする

困難にあった時こそ未来に目を向けて自分を変えるチャンスにする

始めての方へ・・・

POPOのコンセプト

 

困難にあった時こそ未来に目を向けて自分を変えるチャンスにする

 

 

私は、本や雑誌、新聞の記事の中で心に残った言葉を
ノートに貼ったり書いたりしています。^^

 

今日は、2012年の新聞の記事からの引用とオススメ書籍をご紹介します。

自分の思考をどこにフォーカスして使うかによって結果は大きく変わる!
という内容です。

非常にコーチング的だなと感じます。

 

(新聞記事より引用開始)

けがをした時「どうしてこうなった?」と過去を悔やむ選手は伸びない。

「どうすればよくなるか?」
と将来を考えて学び、実践できる選手だけが伸びていく。

過去、プロ野球選手で最年長選手だった工藤 公康投手はそう語る。

 

ケガが原因でつぶれていく選手は、ケガそのものではなく
復帰後のトレーニング不足によって満足なプレーができなくなるというパターンが多い。

けがが治った後も「またケガをするんじゃないか」という恐怖心から
全力で練習できなくなり、身体が衰えるのだ。

 

ケガと無縁のスポーツ選手など、まずいない。

同じように人生に挫折や失敗はつきもの。

しかし、

頭ではわかっていても実際にそういう事態に陥ると
苦しさに負けてしまいそうになる。

 

その時に、それまでのやり方を見直し
未来に目を向けて自分を変えるチャンスにすることができるか否かで
人生は大きく変わる。

 

困難も自分次第で将来にプラスの結果を生み出すものにしていける。

失敗や敗北があっても絶対に腐ってはならない。

未来に目を向けられる人が最後には勝つ。

(引用終了)

 

過去に経験した出来事や情動記憶が邪魔をして
不安になったり、恐怖心が湧き出てきたりする。

 

これは、誰もがあると思います。

 

この不安や恐怖とどう向き合うか?

どう扱うか?が人によって違う。

 

そして、その扱い方によって人生に大きく差が出ます。

困難なことが不幸なのではなく、心が負けることが不幸なのです。

 

未来に目を向ける。

つまり、ゴールです。

 

より良い人生!

強く逞しく満足のいく人生を送るためには

ゴールが絶対的に必要不可欠なのです。

 

とはいえ、ゴールがわからないと言う人もいるかと思います。

焦る必要はありません。

ないのではなく、自分で気づいていないだけですから・・・

気づく作業をしていけばよいだけです。^^

 

まずは、何か身近な1つでいい!

何でもいいから「好きと思えるもの」
「興味のあるもの」を実践してみてください。

一生懸命に取り組んで「やりきった」と自分が満足できるまで
やってみてください。

その感覚を掴めたら、必ずその第一歩が次の一歩へと繋がっていきます。

 

今日、紹介しました新聞記事はこちらの書籍内にも掲載されています。

掲載されていることが正解ということではなく
多様な価値観の中で、自分は物事をどう捉え、どう在りたいか?
参考にしつつ、「自分で考える」が大事ですね。^^
ご興味があれば、読んでみられてください。

 

40歳の教科書 親が子どものためにできること

 

 

 

POPOでは、心身ともに豊かな人生を送りたい方へのサポートをいたします。

まずは「トライアルセッション」がオススメです。^^

 

トライアルコーチングセッション

まずは、リラックスして体験されてみてください。
遠方の方は、オンラインセッションが可能です。
※初回限定特別料金となります。

内容 : 対面セッション 60分×1回
料金 : 5.000円(税込)

お申し込みはこちら

 

アートマインドコーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

コラージュセラピーの作品
Instagram

 

読書・オススメ書籍カテゴリの最新記事