大人が子どもにしてあげられること

大人が子どもにしてあげられること

始めに・・・お知らせです。

『アートソムリエ養成講座』を終了いたします。

 

一人一人が大事

 

 

社会の中で、一人では生きていかれません。

しかし、だからこそ「一人が大事」なのだと思います。^^

個人の幸せなくして世界の幸福は成り立たないからです。

 

一人一人が徹底して、自分も他者も大切にすることができたら
結果的に、全体は良くなっていく・・・

 

だからやはり、目の前の一人が大事であり、目の前の自分を大事にしていいのです。

そして特に

少子化が進む時代だからこそ、未来を担う子どもたち一人一人が宝の存在であり
大人が子どもたちを大事な存在として、個性を尊重してあげる教育が必要だと思います。

 

活発で外交的な子・・・
温和で内向的な子・・・

よく喋り、よく動く子・・・
おとなしくて、静かな子・・・

 

どちらがいいというわけではなく
どちらも特徴であり個性です。^^

そして、社会全体で考えた時にも
どちらの個性も必要であり、貴重な存在です。

 

絶対に、その人にしかできないことがある。

この世に生まれてきたからこその使命がある。

その人にはその人にしか咲かせられない花がある。

 

自分の能力を・・・

そして、他者の一人一人の能力を信じ抜くこと

個性を大切にすることだなと思います。

 

昨日は、SB・コラージュ教室でした。

POPOの教室は、徹底して個人を大切にしていく「制作者中心ワーク」です。

その人の感性で自由に自己を表現しながら作品づくりをしていきます。

 

昨日も生徒さんの作品制作の姿を見ながら、
本当に一人一人の感性、能力、可能性って素晴らしいなと思いました。

みんな違うからこそ、一人一人が輝くのです。^^

 

認知的不協和を乗り越えるには高いエフィカシーとゴールへの臨場感が必要

 

 

ゴールと現実とのギャップ(認知的不協和)を乗り越えるには

「自分はできる」という高いエフィカシーが必要です。

 

エフィカシーとは、「ゴールを達成する自己能力の自己評価」のことです。

 

ポイントは!

他者評価ではなく「自己評価」

他者がなんて言おうが、自分で自分の能力を信じ切る能力のことです。

これが一番大事なのです。

誤解を恐れずに言うならば、
「あんたに私の何がわかるのさ!」でいいのです。(笑)

もちろん良い意味でですよ。^^

 

そして、もう1つ必要なのが「ゴールの臨場感」です。

どんなに良いゴールを設定しても臨場感のないゴールは
脳が重要だと受け止めようとしません。

 

重要度を上げるためにも、ゴールをリアルに感じること、イメージできることが大切です。

 

ゴールの世界を妄想しただけで、ワクワクして、胸がドキドキして、
嬉しくてたまらない情動が自然と湧いてくるとバッチリですね。^^

もうそれは叶って当然だと思うことです。

ゴールを、叶ったらいいなという「願望」ではなく
まずは、もう叶うものだという「予定」にしていくことです。

そして、予定は未定ではなく

予定は現実だ!という確信を持つことです。

 

「できるからこそ謙虚である」それこそがエフィカシーの高さ

 

 

ここで勘違いをしてはいけないのは、

エフィカシーが高いとは、傲慢であることではありません。

この両者は真逆と言っていい。

 

もう一度言いますが、エフィカシーは
「ゴールを達成する自己能力の自己評価」のことです。

 

ゴール有りきだということです。

 

ゴールもなく、ただ自分はスゴイと言っているのは、

自己評価ばかり高くて実際には何をしていいかもわかっておらず
何も行動しない傲慢な人のことです。

また、ゴールもあり自己評価が高くても
過去や現在の実績を重んじて自慢する人もそれ以上の向上がしづらい傲慢な姿です。

自己評価が高いことはいいことですが、そこに現実の行動が伴っていなかったり
または、今に満足してそれ以上の向上がないというのは

けしてエフィカシーが高いとは言えないのです。

 

過去に実績がなくても、今、すぐに結果が出ていなくても
しっかりとしたゴールを持ち、その未来に目を向け
「過去も現在も関係なく、今は実力不足でも必ず実力をつけていき私はやってみせる!できる!」

というのが、本当のエフィカシーの高さですし

だからこそ、できていないところは素直に認め謙虚なのです。

 

例えば、「自己評価ばかり高い困った人」は
明確なゴールもなく、単に「カッコいい」「いかにもできる人っぽい」
「モテそう」といった、社会に受けがよさそうイメージのものに憧れたりします。

ですが、ゴールに向かっているわけではないので
自分の実力不足を埋めようとすることもなく、

そのまま「自己評価ばかり高くて仕事ができない困った人」になります。

 

一方、しっかりとしたゴールを設定している場合には

自分の実力不足や、認知的不協を理解しているからこそ
ギャップを埋めるための行動を起こします。

 

そして後には、「自己能力を信じ切る力」でゴールを実現してしまいます。

だからこそ、第一にゴールが重要なのです。

 

大人が子どもたちにしてあげられること

 

 

そう考えた時、大人が子どもに何をしてあげるべきなのか?

してあげられることは何か? が自ずとわかってくると思います。

 

それは、まさに「エフィカシーを上げてあげること」ではないでしょうか?

 

コーチングとはなにか?と一言で言うと
「エフィカシーを上げること」です。

子どもたち自身が夢(ゴール)を持ち
その夢を自分なら実現することができる!というエフィカシーの高さを持つことです。

 

そのために、大人は子ども一人一人の特徴や個性を大切にしながら
子どもの話をいっぱい聴いてあげて、夢を!明るい未来を!見せてあげることだと思います。

そして、「あなたならできるよ!」と、とことんドリームサポーターになってあげることだと思います。

 

また、それができる大人になるためには、
大人自身が自分にそれをできなくては無理なのです。

 

だからやっぱり、大事なのは、常に常に自分自身の成長だということですね。^^

 

私も日々、自分の弱さや至らなさ、未熟さを感じつつも
だからこそやってみせる!ギャップを埋めてみせる!との想いで過ごしています。

弱さや至らなさ、未熟さは、実はエネルギーにできるのです。^^

 

今日もエフィカシー高くゴールに向かいましょう。^^

 

 

POPOでは、心身ともに豊かな人生を送りたい方へのサポートをいたします。

POPOのコーチングに興味があるという方は

まずは「POPOの無料7日間動画基礎コーチング」がオススメです。

 

コーチングを受けたことのない方や
コーチングに興味はあるけれど申し込みをするには勇気がいるという方や
とりあえず、無料だから視聴してみたい!

という方は是非ぜひ、勇気を持って利用されてみてください。^^

 

また、「トライアルセッション」もオススメです。^^

 

また、「トライアルセッション」もオススメです。^^

トライアルコーチングセッション

まずは、リラックスして体験されてみてください。
遠方の方は、オンラインセッションが可能です。
※初回限定特別料金となります。

内容 : 対面セッション 60分×1回
料金 : 5.000円(税込)

お申し込みはこちら

 

アートマインドコーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

コラージュセラピーの作品
Instagram

コーチング全般カテゴリの最新記事