やる気があってもなくてもカメさんで!

やる気があってもなくてもカメさんで!

始めに・・・お知らせです。

『アートソムリエ養成講座』を終了いたします。

 

外的時間と内的時間

 

 

昨日は、「ダラダラすることの重要性」を書きました。

(昨日の記事はこちら)

 

そして、クライアントさんから質問をいただきました。^^

 

ダラダラやっていたら効率が悪くてなかなか進まないのでは?
忙しいから効率よく時間を使いたいです。

 

いい質問ですね。^^

 

忙しいから効率よく時間を使いたい!

現代人は多くの人がそう感じているかもしれませんね。

 

誰もが忙しい時代だとも言われます。

 

しかし、

以前の私のことでもあるのですが・・・

「忙しい、忙しい」と言っている人ほど
「忙しがっているだけ」だったりもします。

 

今の時代って、昔に比べるとあきらかに便利な環境ですよね。

シンプルに考えれば、今の時代のほうが時間って余るはずなのです。

 

家事1つにしても、昔、洗濯は手洗いで、ものすごく時間がかかっていたのに
今は、洗濯機が洗ってくれます。

ありとあらゆるものが便利になり、時間短縮できる仕組みになっています。

 

でも、だからと言って

時間に余裕ができるわけではなく、

むしろ、どんどん余裕がなくなっていき
私たちは「忙しい、忙しい」になっています。

 

それは一言で言うと、外的時間は短縮化され便利にはなっているけれど

内的時間が忙しくなっているのです。

 

内的時間とは、自分が感じている時間感覚であり
その人の志向の在り方によって決まります。

 

同じ環境にあったとしても人によって内的時間は変わるということです。

 

大事なのはゴールを設定すること

 

 

もう一度、言います。^^

内的時間とは、その人の「志向の在り方」によって決まります。


「志向

字のごとく、志の方向性です。

また、辞書にはこう書かれてあります。

「心がその物事を目指しそれに向かうこと」

 

つまり、「ゴール」です。

 

ここがしっかりとある人は、どこへ向かって行くのかがハッキリと決まっているので
真っ直ぐにその道を歩んでいけますし、言ってみればそれ以外のことをしません。

そのゴールに行き着きたくて仕方がないからです。

そして、それは無理やりやっても上手くいかないことをよく知っています。

無理やりとか努力とかではなく、

ゴールに向かうプロセスは、シンプルにやりたい!なのです。

 

そして、行き先が決まっているからこそ必要なもの、不必要なものがわかるのです。

 

例えば、旅行に行くことを想像してみて下さい。

ハワイに行く!というゴールがあれば、どんな服装でどんなものを準備すればいいかがわかります。

ハワイに行くのに、真冬の服装で行く人はいないでしょう。

 

しかし、行き先が決まっていなければ具体的に何を準備していいのかが分からず

あれもした方がいいかも、これもした方がいいかも・・・と
目の前にあるものがすべて必要なことのように感じたり・・・

逆に、これっていらないのでは?
これも違うのでは?

と迷うのです。

結果、ものすごく忙しくなりますし、
中途半端な感覚が強く、色々とできていない気がしてきます。

そして、正解さえもわからないのです。

忙しい、忙しい・・・となります。

(迷うことなくこうしたい!で変更、修正するのは有りです)

 

結論から言うと、

ゴールを設定しましょう!と言うことです。

そうすると内的時間は充実し、余裕が持てるようになります。

そして、ダラダラとコツコツと、カメさん戦略で着実にゴールを達成していくのです。

 

今すぐにゴールがわからない!という人も大丈夫です。

今から明確にすればよいのです。

 

やる気があってもなくてもカメさんで!

 

 

コーチングでは、

やる気やモチベーションは、あってもなくていい!と定義します。

私たちは、やる気があることはいいことだ!とか

モチベーションが高いことが重要だ!と思い過ぎているのです。

 

人間、誰でも常に気分の波は一定ではありませんし、生命のバイオリズムもあります。

いつもいつも、やる気やモチベーションを保っていられない!というのは自然なことなのです。

 

自然なことにもかかわらず、

やる気があるかどうかを、ジャッジし過ぎていて、
ジャッジするからエフィカシーも下がりますし、動けなくなるのです。

 

もちろん、やる気もモチベーションもないよりはあったほうが当然よいと思います。

 

しかし、最も大事なのは、

 

やる気があるか!ないか!
動くか!動かないか!
できるか!できないか!
効率がいいか!悪いか!

 

という「白か!黒か!」というジャッジのクセを見直し
内部表現を書き替えることです。

 

やる気がある時はすごく動けるけれど、
やる気が落ちると、たちまち動けなくなる

という状態の自分にならないことです。

そのためにも、ダラダラ進む!というのがオススメなのです。

 

特別なことを、特別目立ってしなくてもいいので、

ゴールに対する小さなことを

やる気があってもなくても
モチベーションが高くても低くても

常にグレーゾーンに身を置き、コツコツと淡々と
ダラダラと動き続けられることが大事です。

 

やる気がないとできない。
モチベーションが高くないと動けない。

 

という思い込があるから、まさしくそれが重要だ!になり、やる気、モチベーションに振り回されます。

簡単に言うと、「つべこべ言わずにとにかく小さく動いてください」ということです。

それを本人が納得して動けるようになるには、まず自分の現状の思い込みに気づくことです。

だから理論、知識が必要なのです。

やる気が出ない自分をダメだと卑下したり、焦ったりしても何も生まれません。

生産性が低くなる一方です。

 

それよりも、「ちょっと動いてみよっ!」と小さく動き出してください。

小さなスイッチを入れるところから始めましょう。^^

 

 

POPOでは、心身ともに豊かな人生を送りたい方へのサポートをいたします。

POPOのコーチングに興味があるという方は

まずは「POPOの無料7日間動画基礎コーチング」がオススメです。

 

コーチングを受けたことのない方や
コーチングに興味はあるけれど申し込みをするには勇気がいるという方や
とりあえず、無料だから視聴してみたい!

という方は是非ぜひ、勇気を持って利用されてみてください。^^

 

また、「トライアルセッション」もオススメです。^^

 

また、「トライアルセッション」もオススメです。^^

トライアルコーチングセッション

まずは、リラックスして体験されてみてください。
遠方の方は、オンラインセッションが可能です。
※初回限定特別料金となります。

内容 : 対面セッション 60分×1回
料金 : 5.000円(税込)

お申し込みはこちら

 

アートマインドコーチング詳細 & 料金のご案内

アートセラピー詳細 & 料金のご案内

ハンドメイド詳細 & 作品、オーダーのご案内

総合メニュー

コラージュセラピーの作品
Instagram

ゴール設定カテゴリの最新記事