私の体験!コーチングを受ける②

私の体験!コーチングを受ける②

POPOのコンセプト

前進できない理由は自分自身にあった

前回の続きです。

 

前回の記事はこちら

 

今までの自分の経験からわかったことは・・・

 

独学には限界がある

ただ受けるだけでは自分で人生をコントロールできない

ということでした。

 

その時に気づいたのは、

私は心のどこかで、誰かに何とかしてもらおうとしていたのだということでした。

 

「変わりたい!」と口では言いながらも、
「変えてもらいたい!」になっていたのだなと思いました。

 

これでは、自分の人生を変えていけるわけがありません。

 

自分で変革を起こせるように
もっともっと理論や実践方法を私自身が知ること!

知りたい!と強く思うようになりました。

 

どうやったら前進できるのだろう?

 

 

では、これからどうすればいいのだろう?

独学では、やっぱり限界が来ると感じた私は

もう一度、教えてくれる先生を探そう!と決めました。

 

そして、

そう決めた時、コーチングの理論が自分の中に飛び込んできました。

『ゴールを設定すること!行動よりもゴール設定が先!』

 

そうだった!

私はゴール設定の仕方が、いまいち間違っていたんだ!

と気づきました。

 

コーチングを受けたい!学びたい!という単純なゴールではなく

 

何のために?

どうなりたくて?

どんなことをどんなふうに学びたくて?

何を身に付けたくて?

どこまでの自分を目指したいのか?

どんな先生から学びたいのか?

 

これが足りないんだ!

これが大事なんだ!と思いました。

 

今まで、顕在意識の2%の部分(頭だけで)考えていたり・・・

直感のみの勢いに任せた判断で突き進んでみたり・・・

 

具体性がなく明確性の薄いゴールだったことに気づきました。

 

とことん具体化する!臨場感の高いゴールを設定する!

 

 

そこで、ノートを広げ、徹底的に具体化したゴールを何個も何個も書き出しました。

どうせやるなら、とことん具体的に決めていこう!と思い

どんな先生から学びたいのか?という1つのことに対しても

深く深く掘り下げて細かい部分まで書き出しました。

 

そして、

「こんな完璧な先生が世の中にいるわけがないじゃん!」
と思うくらいの内容になりました(笑)

 

しかし、それでいいのです!
それが大事なのです。

 

私の中で、どんどんイメージが膨らんでいき
ワクワクしてきました。

 

年齢はこのくらいで、お隣の県2県のうちのどちらかに在住の方で

公に派手に活動はされてないけれど、一流の実力を持っていて
心からリスペクトできる先生がいい!

 

認知科学の『共感覚による内部表現書き換え』をベースにしたコーチングで
マインドのアプローチだけでなく身体のことに関しても詳しくて
ヒーリングもできて、論理的思考が抜群にできる人で

難しいことをわかりやすく説明できて、徹底的に理論を教えてくださる先生がいい!

 

性格はあんな感じでこんな感じで、話しやすくて、優しいけれど厳しくもあって愛情がある。
『師匠』と呼べるくらいの先生に出会いたい!

 

そして、私はコーチになりたい!

ああなりたい!こうなりたい!

こんな自分に成長していきたい!

 

などなど・・・

100個の希望をノートに書きまくりました。

 

そして、どうなったか?

 

その後、自分が想像もつかない方法で
見事に条件に当てはまる先生との出会いが実現しました。

 

これが、脳の計算なんだ!と深く深く体感できる経験になりました。

何度ノートを読み返しても当てはまることだらけなのです。

 

今では、この『100ゴール設定!』がPOPOのイチオシのワークになっています。

そして驚くほど真面目にこのワークを実践したクライアントさんは
書いたことが叶っていっています。

 

皆さんもよかったら是非、実践してみられてください。

 

学んで、学んで、学び続ける日々!

 

 

 

新しい師匠から学ぶようになった私は、

毎日、毎日、徹底的に理論と実践の繰り返しをしていきました。

 

先生はとても優しいけれど、とても厳しくて、その厳しさに何度も何度も泣きました(笑)

自分の未熟さを痛感させられ、自分自身に落ち込むことも何度もありました。

反発、反抗したくなることもありました。

 

それでも辞めたいと思わなかったのは、

どうしても叶えたいゴールがあったからこそですし、
何よりも師匠の言葉だったと思います。

 

「ここで学ぶことでいいと思ったことは遠慮なくガンガン!自分のものにしていきなさい」

「嫌なら辞めればいい。自分の人生は全部自分で決めて行くこと。
どう生きるかは全部、自分の自由なのだから・・・」

「命懸けで取り組まなくて何が楽しいのか?」

「あなたはできる力を持っている・・・」

 

厳しいけれど、こんなにも真剣に応援されたことは
今までに一度もありませんでした。

生まれて初めてでした。

 

「本当に変われるかもしれない!」と思う自分がいました。

 

だからこそ、POPOのコーチングは『理論と実践』を大切にします。

それが大事だと、私自身が実感しているからです。

 

クライアントさんのゴール!

クライアントさんの中にある答え!

クライアントさんの決断!

が何よりも大事なのです。

 

しかし、コーチは強制はしませんし、できません。

人は、基本的に求められることしか与えられませんし

 

やるかやらないか、

変わるか、変わらないかは

やはり本人次第なのです。

 

だからこそ、私は1回目(1人目のコーチ)のコーチングで
自ら挫折していきました。

私自身が無理だと決断したのです。

 

2回目は、相手の先生に頼りっきりで自ら学びを求めていきませんでした。
この時もそう自分で決断したのです。

 

しかし、この経験こそがその後、私に大切なことを教えてくれました。

だから、どんな道もどんな経験も無駄なことって何ひとつないのだと思います。

 

自分の力を信じて自分で決断していきましょう

 

 

皆さんも自分の力をとことん信じ、
興味のあること、学びたいことを自ら学んでみてください。

 

どこで学ぶか?

誰から学ぶのか?

自分のゴールを設定し、とことん納得のいく場所で
とことん学んでみてください。

 

POPOでなくてもいいです。
どこでもいいです。

自分に合う場所をみつけてみてください。

そして、みつかったらその場所でとことん学んでみることだと思います。

 

人は人で磨かれます。

 

そして、誰もが唯一無二のスペシャルな存在です。^^

 

自分の能力を信じ抜き、一歩一歩、自分の人生を自分の手で創っていきましょう。^^

それをPOPOでは、

『アートな生き方』と呼びます。

 

現在までのプロセス(自分史)

 

アートマインドコーチング

アートセラピー

ハンドメイド

総合メニュー

コラージュセラピーの作品
Instagram

 

 

 

私の体験カテゴリの最新記事