読書・オススメ書籍

1/2ページ
  • 2022.03.26

言葉をコントロールしよう!

言葉をコントロールしよう!     こんにちは。POPOです。^^   ブリーフシステム(信念)は「言葉」で作られます。 良くも悪くも私たちは言葉から大きな影響を受けています。   「言霊」という言葉があるように言葉にはパワーがある。 そのパワーを良い方向に使っていきましょう。^^   オススメの書籍です。^^   「言葉」があなたの人生 […]

  • 2022.03.23

マドンナの言葉

マドンナの言葉     こんにちは。POPOです。^^   3年前に読んだ本・・・   マドンナの言葉 / だいわ文庫   好きなことを貫いているマドンナの姿はカッコいいなぁと思いました。     (本文より引用)   「みんながそうだから私も無理」って言う 「みんな」っていったいなんなの?   私には、限界 […]

  • 2022.03.16

読書「一点集中術」

読書「一点集中術」     こんにちは。POPOです。^^   私の今年の学びのテーマは「フロー!」 集中力について探求しています。^^   そこで、こちらの本を読んでみました。   SINGLE TASK 一点集中術―― 「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる / デボラ・ザック著     とっても興味深く面白い内 […]

  • 2022.02.18

ノートは自分の使いやすい方法で^^

ノートは自分の使いやすい方法で^^     こんにちは。POPOです。^^   クライアントさんより質問をいただきました。^^   いろいろ書いてノートが、ぐちゃぐちゃになりそうなんですが 付箋とか貼っておくといいかなと思ったりしていますが・・・   先生は、ゴールも日々の毎日書くノートに書いていますか?   ノートの使い方って、なんだか […]

  • 2021.12.14

未熟を決意する、それがほんとうに生きること

未熟を決意する、それがほんとうに生きること     こんにちは。POPOです。^^   先日読んだ書籍 孤独がきみを強くする / 岡本 太郎著     この中に「人間の未熟さについて」書かれた一文があります。   以下、引用しますね。   (引用開始)   未熟を決意する、それがほんとうに生きること   もし […]

  • 2021.11.18

独創的で魅力のある人とは・・・

独創的で魅力のある人とは・・・     こんにちは。POPOです。   先日、ニーチェが愛したロシア人の女性 ルー・サロメのことを知りました。   興味が湧いて、「ルー・サロメ愛と生涯」という本を読んでみました。     知的創造力に優れ、独創的な魅力を持つ ルー・サロメは 詩人リルケやニーチェ、フロイトに大きな影響を与えました。 &nb […]

  • 2021.11.03

あなたはあなたが使っている言葉でできている

あなたはあなたが使っている言葉でできている     こんにちは。POPOです。^^   今日は、オススメの本をご紹介します。^^   存在論、現象学、哲学などを学び「都市哲学」という自身のブランドを創り出し 世界中でコーチとして活躍されているゲイリー・ジョン・ビショップの 「あなたはあなたが使っている言葉でできている」という書籍です。   &nbs […]

  • 2021.05.21

人生の主人公は自分

人生の主人公は自分     7年前に読んだ小説 「おいべっさんと不思議な母子 / 喜多川 泰著」     この中で好きなセリフがあります。   「人生の主人公は自分だ」ってよく言うでしょ。 母さんもそのとおりだと思うわ。 でも、それだけじゃないのよ。 監督をやってもいい。 脚本だって自分で書いていいのよ。   どんな自分を演じて、どんな人 […]

  • 2021.04.19

「書く」が大事

「書く」が大事     クライアントさんに何度も何度もしつこく伝えているのが フィードバックとゴールをノートに「書く」ということの重要性です。   ゴールを達成していくために「書く」という作業が 実は、めちゃめちゃ大事なことなのです!   そして、   なぜ、そんなにも重要なのか?ということを 科学の目線でしっかりと論理的に理解をしましょう! とい […]

  • 2021.02.07

「よくなってます」と「よくやってます」

「よくなってます」と「よくやってます」     7年前に読んで、今でも強く影響を受けている本があります。   医療社会学の研究者 大野 更紗さんの著書『困ってるひと』   更紗さんは大学時代に、ある日突然、原因不明の体調不良に襲われます。   そして、 一年に渡る検査の結果、 「皮膚筋炎」「筋膜炎脂肪織炎症候群」 という難病と診断されました。 &n […]